国際交流に興味のあった私がGNLFで学んだこと

初めまして。

今年の4月から9期としてGNLFで活動しています高木友貴です。私がGNLFに入った動機とそこで学んだことをご紹介したいと思います。

国際交流に興味のあった私がGNLFを選んだ理由

私は高校時代から将来国際的な舞台で活躍したいと思っており国際交流に興味がありました。高校模擬国連大会や国際NGOのユース活動など高校時代から様々な活動に携わってきました。そんな私が、数ある国際交流系サークルの中からGNLFを選んだ理由を書いてみたいと思います。

・世界中の様々な国から学生がくる

大学生が開催する国際会議と聞いて私がイメージしたのは、アメリカやイギリス、中国など大学が留学の協定を結んでいるようないわゆる大国の学生と交流することでした。しかし、なんとGNLFでは大国ということにこだわらず本当に世界の色んな国の学生と交流できるチャンスがあります。例えば昨年の本会議の参加国は、エジプト・キルギス・日本・ブラジル・ブルガリア・南アフリカ・メキシコ・オーストラリア・ハンガリー・シンガポール・パキスタン・チュニジア・中国という顔ぶれです。キルギスの学生と接触する機会なんて普通に生活していれば絶対ありえないと思います。でも、このGNLFという団体ではそんな国の学生と交流するチャンスがあります。国の多様さに大きな衝撃をうけGNLFという団体に魅力を感じました。

・本気で取り組める

「マジモンで国際交流に取り組める」という言葉に惹かれました。やるからには適当ではなくちゃんとコミットしたいと思っており、「マジモン」という言葉の意味そしてその響の良さに惹かれました。

 

GNLFに入って私が驚き学んだこと

・本会議のプログラム内容を考える以上にたくさんやることがある。

本会議のプログラム内容を考えることなどメインの本会議とは直接的には絡みのないタスクもたくさんあることに非常に驚きました。例えば、本会議開催の費用を回収するため財団への申請を行ったり、協賛企業や今までご支援をいただいた企業とコラボ企画をやったりなど、想像以上に多くのタスクがあり団体の運営方法は自分が想像していたものと全く異なり新鮮でした。しかし、よく考えてみるとこれは学生団体だけに限ったことではなく会社でも同じことが言えます。例えばメーカーの株式会社であれば自社の製品開発、販売以外にも株主として会社を支援してくれる団体、個人を広く募集し、さらに定期的に株主総会を開催することで支援者に何らかのフィードバックをすることは不可欠です。それ以外にも会社としての社会的貢献度をあげ広く認知してもらうため、CSR活動として環境問題や教育課題などに取り組んでいます。このように考えるとGNLFで多くの多岐にわたるタスクがあり、それによって全体がうまくまわっている運営方法は特段驚くことではなく、GNLFでの活動を通して組織の運営、社会がどうまわっているのかということについて学べたと思っています。

・自分たちで目標設定をしなければいけない難しさがある。

GNLFの活動は誰かに強制的にやらされているものではなく自分たちで自主的にやっている活動の1つです。だからこそ具体的な目標を見つけることが非常に難しく、明確な目標が持てない中では活動へのモチベーションを保つことは困難です。もちろん2月末から3月上旬まで世界各国から学生、教授を東京に招きそこで1つのテーマを取り上げ、講演を開催しディスカッションをする、という大枠の活動内容は決まっていることですが、それらの事柄をいつまでに決め実行していくか、という活動計画は全て団体のメンバーに委ねられます。そのような状況では強い自己コントロールを持たなければ計画の遂行、実践が非常に難しく、時には予期しなかったタスクが舞い降りてくることで計画通りにことが進まないこともおこります。どうやって大まかな計画を立て、その中からどう自分たちで具体的で身近な目標を見つけていくかが計画遂行の最大の鍵であると私は思っています。高校時代までは学校のカリキュラムもほぼ100%決まりきっていて大学入試という明確な1つのゴールがあり、目標設定を自分でやる機会は多くない環境でした。しかし、大学生になった今その状況は全く違っており、抽象的な事柄から具体的で身近な目標を設定するというフェーズを踏み、そこから自分のモチベーションを保ちつつ目標に向かって努力する必要があります。GNLFでの活動を通じてPDCA (Plan Do Check Act)の中で今まで経験値があまりなかったPlanというフェーズの重要さを学びました。どうやったらうまくPlanを立て目標設定できるのかはまだ明確な答えが出せていませんが、そのフェーズの重要性と難しさに気がつくことができたことは今後様々なタスクや仕事をやっていく上で非常に意義あることであったと思っています。

以上が私のGNLFに入った動機と入ってから学んだことでした。今後の本会議を通じてさらに多くのことを経験していきたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。