• gnlf-hq@g-nextleaders.net

Category Archiveupdates

“MIGRANT IN JAPAN” 日本の現状

前回の投稿に引き続きまして、GNLF8期メンバー、9月にメキシコ渡航予定の中島くんが移民について調査してくれました!本日は国際問題を語るには足元からね、ということで日本と移民についてです。それではどうぞ!

日本の外国人受け入れの現状

 在日外国人の数は戦後増加していきましたが、1980年台後半のいわゆるバブル景気で起こった国内の労働力不足を補った頃に急増しました。それ以降もほとんど常に増加を続け、2015年には2,232,189人が日本に在留しています(法務省「在留外国人統計」より)。彼らの多くは日本で生活する上で働く労働者でもありあますが、その形態は多様であり、多くの就労上・生活上の問題を抱えている人々も存在します。

以上を念頭に、本稿では在日外国人を在留資格別に就労形態を紹介していきます。2015年現在、法務省入国管理局は27種の在留資格を設け、そのいずれかに適合する場合のみ外国人の日本在住を認めており、厚生労働省は、そのうち外国人労働者たりうるものを大きく、就労目的で在留が認められる者、身分に基づき在留する者、技能実習、特定活動、資格外活動の5つに分類しています。

「社会実情データ図録」より抜粋
trans-foreignlab

1.就労目的で在留を認められている者

このうち特に高度人材に注目すると、2012年に高度人材に対するポイント制がスタートしており、活動内容の特性に応じて「学歴」「職歴」「年収」などの項目ごとにポイントを設け、ポイントの合計が、一定点数に達した場合に、在留資格が付与され、出入国管理上の優遇措置が与えられます。例として優遇を受けるためには70ポイントが必要となりますが、高度専門・技術分野においては博士号に30、修士号に20、大学卒業に10ポイントが付与され、年収に関しては29歳までなら400万円以上の年収があるときに10ポイントで、最高は、1000万円以上に40ポイントが付与されます。これら高度人材の受け入れにより、企業による日本人学生の新卒採用が減少するなどという指摘があるように、年収や職業の観点から、日本人の平均よりも高い生活水準にあると言えます。

2.身分に基づき在留する者

「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」が該当し、具体的には、日系人、インドシナ難民、中国帰国者(中国残留孤児・残留婦人、日系中国人2・3世)などがいます。彼らは日本国内での活動に制限がなく、日本人と同等な職業選択の自由を有する。永住者と定住者に焦点を絞って考えると、永住者と定住者については甚だ曖昧な定義で、その要件をみると、永住者は法務大臣が永住を認める者、定住者は法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者と規定されています。現在、「定住者」に在留資格を変更するもので一番多いのが身分上の変更、たとえば、「日本人の配偶者等」からの申請等が多数を占めています。外国人女性が日本人男性と結婚した場合、「夫が日本人だから」という身分だけが、「日本に住んでもよい」という法的根拠であり、夫が亡くなった場合に国外退去を迫られる可能性がないとは言えません。定住者ビザは、そうした場合に対応できるよう設けられている在留資格です。

3.技能実習

まず大前提として、技能実習生に企業側から期待されるのは低コストで供給される労働力であり、実習生が求めるのは自国では得られない額の賃金ですが、技能実習生となるためには一定期間研修生として研修を行う必要があります。研修生は労働者ではないため、労働基準法は適用されず、賃金は「研修手当」として月5~8万円支給され、また残業は認められていません。実習生になると労働者として残業も可能になり、労働基準法の保護の対象として最低賃金が適用されます。技能実習は本来開発途上国への技能移転を目的とした制度であるはずですが、実際には帰国後に修得した技能を生かせない職につくことも多いらしく、彼らは実質的に労働力を確保できない中小零細企業による労働力補填要因になっているのではないかという指摘もあります。特に後者の実態は実習生への待遇悪化を招いていると考えられ、彼らへの人権侵害が生じています。例えば、法定最低賃金を下回る低賃金の問題やパワハラ、パスポートや貯金の強制預け入れ、不十分な安全対策による死亡事故、賃金不払い等2000件以上の労働法違反などが報告されています。しかし実習生は雇用者を告発すると自身が帰国せざるをえなくなるため、こうした不当行為を告発できない立場にあるのが現状です。

4.特定活動

日本は介護・看護分野での人手不足解消の切り札として、外国人介護士・看護師を受け入れています。しかし問題点として、彼らは日本で仕事を始めて三年後に国家試験を受験し、一発で合格しなければ帰国が義務付けられていますが、介護士試験の合格率は日本人が65%であるのに対し、外国人は36%で、看護師試験に至っては、日本人が90%であるのに対して、外国人はわずか10%であることが挙げられます。このため、試験に合格して日本で安定した生活を得たという成功例はごくわずかである点は改善されるべきで、合格者の就労継続の支援や、不合格者の再受験の支援の必要性が訴えられています。

5.資格外活動

これには留学生・就学生・家族滞在者・文化活動従事者・短期滞在者等のアルバイト等が該当します。彼らはもともと就労以外の目的で来日しているため就労資格を持ちませんが、資格外活動許可を得れば、風俗産業などいくつかの業種を除き本来の在留資格の活動を阻害しない範囲内で(週28時間以内等)働くことができます。

lic-foreignlab

「社会実情データ図録」より抜粋。

6.その他

上記五つの厚生労働省による分類だけでは包摂されない外国人労働者も存在し、それがいわゆる不法就労者です。不法就労者には就労できない在留資格のみを保持するにもかかわらず資格外活動として就労している人々や、在留期間を超過しても滞在し就労している人々が該当します。法務省入国管理局による摘発と退去強制の強化によってその数は約20万人いた2005年頃に比べて大きく減少しましたが、2016年1月1日現在でも不法残留者は62,818人存在します。その構成は割合の高い順に韓国(21.4%)、中国(13.9%)、タイ(9.5%)となっており、以下は東南アジア諸国等が続き、彼らのほとんどは単純労働に従事していると推測されます。彼らは不当解雇や賃金不払い、労働災害の被害に遭っても法的に救済されないなどの甚だしい人権侵害が生じている上に、「不法」であるがゆえに搾取の事実が隠蔽されがちです。

以上のように在留外国人を分類して見てきましたが、日本社会の少子高齢化の進展と生産年齢人口の減少を考えると、労働者の数を維持するためには雇用の門戸を高齢者、女性、外国人にまで今以上に広げる必要があります。その意味では、我々が外国人と今後接する機会も増加し、それに伴い更なる摩擦が生まれることは容易に想像のつくことであり、それに十分対応ができるための第一歩として在留外国人に対して正しい理解をすることが求められるのではないでしょうか。

参考文献

依光正哲(2005)『日本の移民政策を考える-人口減少社会の課題-』、明石書店

上林千恵子(2015)『外国人労働者受け入れと日本社会』、東京大学出版会

http://www.cier.gunma-u.ac.jp/page5/no9/04_ochiai.pdf
http://www.huffingtonpost.jp/foresight/foreigner-nurse_b_5795004.html

いかがでしたでしょうか。「日本は移民を入れない国」というイメージだけでなくデータを見てみると、多くの外国人がいることに気づきますね。街を歩く時にもふと外国人とすれ違う機会が増えていて、最近ではハラールフードを出すお店なんかもあります。外国人との共存は意外と身近な問題なのかもしれません。
こうした問題について今年メキシコで開催されるGNLFメキシコ会議では1週間世界各国のトップレベルの学生と「移民」をテーマに1週間にわたって議論してもらう非常に貴重な機会を皆さんに提供いたします。そしてその会議の参加者は日本で予選会を開催して決定するのですが、なんとこの選考会で渡航メンバーに選ばれると半分ほど渡航費が団体から援助されます。そのため非常に安くメキシコに行くことが可能となるわけです。

選考会の二次募集が開始されます!興味を持ってくださった方は以下のリンクから詳細確認、応募登録を行ってください。7月29日(金)までですのでこのチャンスをぜひ逃さずに、奮ってご応募ください!

詳細はこちらから!
国内イベントのみ参加したい!という方はこちら
メキシコ会議にも参加したい!という方はこちらからgoogleフォームのご記入お願いします!

“migrant manager” になりゆくメキシコ

毎日暑いです!暑くなると、スパイシーなものがおいしいです。スパイシーな料理といえば…メキシコ!と、少々強引なイントロでお届けしています、GNLF1年でこの9月メキシコ渡航予定の築島です。自分の勉強と夏企画の盛り上げを兼ねて、移民問題の現在について1年生渡航メンバー2人がそれぞれ調べてみました。今日はその第一弾です!

GNLFメキシコ支部で開かれる今回の学生会議のテーマは移民問題ですが、開催国メキシコは移民問題の大きな当事者国です。アメリカ大統領選でも発言が相次いだように、メキシコはアメリカに大量の移民を送り込んでいるイメージがありますが、本当にメキシコを取り巻く移民問題はそれだけなのでしょうか。実はメキシコは現在移民の経由国、あるいは受入国としての性格を強めています。そんな変わりゆくメキシコの移民問題の概略をまとめてみました。

アメリカへ向かうメキシコ人の変化

メキシコの変化として、第一に挙げられるのが、アメリカへの移民数の増加が落ち着いてきていることです。40年間急速な成長を続けてきたアメリカ国内のメキシコ人口ですが、2001-2005年の5年間での増加数は約2,000,000人、2006-2010年の5年間での増加数は約200,000人と、その増加幅は10分の1に減少しました。(図1)この傾向は現在も続いており、2013年にはアメリカに住む移民の出身国1位の座を中国、インドに明け渡しました。さらに、2007年のリーマンショック後のアメリカ経済の悪化を受け、メキシコからアメリカへの移民数をアメリカからメキシコへ帰国する移民数が上回るようになっています。[1]アメリカで生まれたメキシコ市民の中心は15歳以下の子供であり(図2)、彼らの社会への統合や教育もメキシコにとって大きな課題になっています。[2]アメリカへの移民が減っている理由としては、アメリカ側での国境警備の強化、先述したアメリカ経済の不調だけでなく、それとは対照的なメキシコ経済の堅調な成長と強い中間層の台頭というメキシコ国内側の要素もあります。

移民受入国としてのメキシコ

メキシコの好調な経済はメキシコへの移民を引き付けています。意外なことにアメリカ人移民がもっとも多くなっています。また、メキシコには伝統的に中央アメリカ諸国、例えばグアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラスといった国からの移民も多く、(図3)1990年代から見られるようになったメキシコを経由してアメリカ入国を目指す移民が大幅に増加しているだけでなく、メキシコ国内に定住する移民も少なからず存在するようになりました。特にメキシコを経由国とする移民の問題は深刻で、アメリカの南側国境で逮捕された人のうち、非メキシコ人の割合は2000-2009年の間は6%でしたが、2014年には53%を記録しました。[3]従来のメキシコ人出稼ぎ労働者の多くは一人でアメリカを目指す男性でしたが、アメリカ国境で逮捕された“北の三角形”と言われるグアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラスの3か国出身者には女性・子供のみの世帯で移動していた人々が多いことが特徴的です。大人の同伴な旅する子供移民の保護件数は急上昇しており、アメリカ=メキシコ国境上の新たな危機的問題として浮上しています。(図4)(図5)[4]

また、メキシコに定住する移民、メキシコを経由する移民のどちらにとっても大きな脅威となっているのは麻薬カルテルや犯罪組織の存在です。これらの組織は移民の人身売買を行ったり、強奪したり、と移民の人権に対する問題を引き起こしています。例えば2010年8月にはメキシコ北東部のタマウリパス州で麻薬カルテルの強奪にあったとみられる72人の移民の遺体が発見されるという痛ましい事件がおこりました。[2]

メキシコの未来

急激に強まってきた移民受入国としての責任と負担のもとで、メキシコ政府は対策を迫られています。ペーニャ・ニエト現政権は2014年に違法移民に対する取り締まりを強化し、前年と比べ13%も多くの移民を本国に送還するとともに、グアテマラとの国境付近に検問所を開設するなどして監視を強化しました。皮肉なことに、これらの検問所のシステムや装備は、アメリカがメキシコ人移民を取り締まるため設けた検問所を模倣して作られているともいわれています。一方、72時間の一時的滞在を認める条件を緩和し、移民が合法にメキシコを経由することを推進する制度の設計や、貨物列車での危険な移動の取り締まり、犯罪組織に対するインテリジェンスの強化、移民向けの医療機関の設置や中央アメリカ諸国の領事館の増設など移民の安全と人権を守るための政策も打ち出しています。[5]

しかし、メキシコの“migrant manager” (移民の管理者)としての成熟はまだまだ途上にあります。法の支配が決して強いとは言えず、汚職が横行する政府機関に強い権限を与えることは危険だとする声も強く、実際に2014年の1月から7月の間にメキシコ人権委員会は国家移民局に対し、移民収容センターでの人権侵害について268件に及ぶ苦情申し立てを行っています。[5]

未だにアメリカへのメキシコ人移民の出稼ぎに経済的に依存する現状がある中、移民受け入れ国としての課題にも直面するメキシコ。長期的には規制強化と人権保護のバランスをとり、“migration manager”としての能力を高めることが求められています。以上の情報は主に2014年のものに基づいていますが、2年後の今どうなっているのか、送出国としても受入国としても日本よりも移民問題が大きく国民生活に食い込んでいる国の学生の生の声を聴き、自らの目で現状を見つめることを楽しみにして、さらに勉強を続けて参ります!(図6)

参考文献
すべてMigration Policy Instituteより

[1]“Mexican Immigrants in the United States”
http://www.migrationpolicy.org/article/mexican-immigrants-united-states

[2] “Mexico: The New Migration Narrative”
http://www.migrationpolicy.org/article/mexico-new-migration-narrative

[3] “Top 10 of 2014 – Issue #5: New Era in Immigration Enforcement at the U.S. Southwest Border”
http://www.migrationpolicy.org/article/top-10-2014-issue-5-new-era-immigration-enforcement-us-southwest-border#

[4] “Dramatic Surge in the Arrival of Unaccompanied Children Has Deep Roots and No Simple Solutions”
http://www.migrationpolicy.org/article/dramatic-surge-arrival-unaccompanied-children-has-deep-roots-and-no-simple-solutions

[5] “Top 10 of 2014 – Issue #8: Changing Landscape Prompts Mexico’s Emergence as a Migration Manager”
http://www.migrationpolicy.org/article/top-10-2014-issue-8-changing-landscape-prompts-mexicos-emergence-migration-manager

いかがでしたでしょうか。一言で移民と言っても国の事情により移民が直面する現状は大きく違うということですね。こうした問題について今年メキシコで開催されるGNLFメキシコ会議では1週間世界各国のトップレベルの学生と「移民」をテーマに1週間にわたって議論してもらう非常に貴重な機会を皆さんに提供いたします。そしてその会議の参加者は日本で予選会を開催して決定するのですが、なんとこの選考会で渡航メンバーに選ばれると半分ほど渡航費が団体から援助されます。そのため非常に安くメキシコに行くことが可能となるわけです。

この千載一遇の機会、これを読んでくださった皆様には是非ともつかんでいただきたいです!以下に会議に参加するためのGoogle Formのリンクを記載いたしますのでそこから登録を済ませてください!申し込み期限も後少しとなっていますが、みなさんのご参加奮ってお待ちしています!

メキシコ会議に参加したい方のエントリーシートはこちらから!

メキシコ会議への参加が厳しくても日本予選会に参加したいという方はこちらから!

メキシコ会議日本予選会にご参加いただく講演者紹介! Part 1

こんにちは!いよいよ暑さが本格化してきましたね。もう夏休み!という方もまだ試験中…という方も、今年の夏休みの過ごし方は決まりましたか?

以前告知させていただいたように、今年の夏、GNLFメキシコ支部初の国際会議が開催され、それに先立ち、東京でも8月2日(火)と3日(水)の2日間にわたり、移民をテーマに国内イベントを行います。
今日はそのイベントでディスカッションの講評と講演をしていただく法務省入国管理局審判課長の君塚宏様の紹介です!イベントでは、日本の移民制度の第一人者である君塚様より、欧米の移民問題に触れつつ、日本の移民制度の概要についてレクチャーしていただきます。


君塚宏様

君塚 宏様

ご来歴

2000年 在タイ日本国大使館一等書記官
2003年 法務省入国管理局総務課補佐官
2009年 法務省入国管理局総括補佐官
2011年 東京入国警備監理官、次長
2014年 法務省入国管理局難民認定室長
2015年 法務省入国管理局審判課長(現職)

参加者へのメッセージ

法務省入国管理局審判課長の君塚です。四半世紀以上,出入国管理行政に関わっています。組織管理やコンピュータシステム開発を中心とした仕事が多かったように思いますが,現在は,慎重審査を要する外国人入国者や入管法違反者を対象とした審判手続(スポーツのジャッジとはだいぶ違います…),人身取引被害者への対応,難民認定に関する不服申立て,そして入管関係の訴訟を担当しています。
 移民・難民問題については現在欧州諸国での政治・社会情勢に大きな影響を及ぼしていますが,これを機に改めて外国人材の受入れに伴うベネフィットとリスクをしっかり考えながら,若い皆さんたちの将来において多文化共生を目指していくのか社会統合を図っていくのか,具体的な議論を進めていくためのきっかけ作りになれば幸いです。


日本の移民制度について丁寧に説明していただき、質疑応答も出来る貴重な機会ですので、メキシコ会議に参加したい方も、国内イベントのみ参加したい方も、ふるって夏イベントに応募してください!

いますぐ応募したいという方は以下のリンクからgoogle formへの記入お願いします!

メキシコ会議に参加したい方のエントリーシートはこちらから!

メキシコ会議への参加が厳しくても日本予選会に参加したいという方はこちらから!

また夏企画の詳細について知りたいという方はこちらのボタンが特設ページとなっております!

名称未設定

次回はもう一人の講演者のアムネスティ日本の移民・難民問題の担当の方の紹介をします。お楽しみに!

読売新聞に夏企画の詳細掲載!

ご無沙汰しています!みなさんはここ数日の夏の暑さに体調を崩していないですかね??

最近は自己紹介も終わって更新が減っていました…この投稿を楽しみにしている人もいるというのに申し訳ないです。

「ちゃんと仕事をしているのか!」

そんなお叱りの声も聞こえそうです。今回は言い訳にきこえますが意外と仕事をしているということをお伝えしようと思います!

タイトルの通りなのですが、去る6月24日、特別協賛をいただいている様に今年の夏開催予定のメキシコ会議について紙面掲載させていただきました!
IMG_4645

この掲載をお願いした時から多少の変更があり、参加者の応募の締切は7月24日 23:59までと変更されております!
なので、この記事を見て「あー、間に合わないなー」って思った人もまだまだ間に合いますよ!

メキシコ会議、そしてその日本予選会の詳細については特設ページにて御覧ください!リンクは下のボタンから!

名称未設定

今年の夏に海外から来た参加者とメキシコで密度の濃い一週間を過ごしませんか?

それではみなさんからの応募をお待ちしています!

GNLF Summer Event 2016 【本日募集開始】

mexico_1

今年の夏、GNLFメキシコ支部主催の国際会議がメキシコシティにて開催されます!
テーマはMigration、開催期間は9月18日(日)〜9月24日(土)の7日間。
10か国以上の学生と共に、移民送り出し国のメキシコで移民についてディスカッションし、文化交流を楽しみ、メキシコを観光できる濃密なカンファレンスです!

そしてこのカンファレンスに、日本からも参加者を派遣します。そしてなんと、GNLF学生本部が渡航費を支援いたします!

メキシコ会議に参加してみたい方はまず8月2日(火)と3日(水)、東京にて行われるプレイベントに参加してください!本イベントでの優秀者がメキシコ会議の参加権を獲得します!

mexico_2メキシコ会議に参加してみたい方、移民についてディスカッションしたい方は是非ご参加ください!
詳細→http://jp.g-nextleaders.net/summer2016/
エントリーはこちらから→https://docs.google.com/forms/u/0/d/1kuUhe-EJza87j4aSL4c3K5d0W8befWgvXDR_0jBDC5w/edit

2016年度春新歓 募集開始

グローバル・ネクストリーダーズフォーラム学生本部、2016年度春募集が開始しました。
新歓特設ページにて募集要項とエントリーシートがダウンロードできます。募集要項を注意深くお読みの上、ご応募してください。
 
新歓特設ページへは、トップページの「JOIN THE TEAM」をクリックするか、以下のリンクをクリックしてください。
>> 2016年度春新歓特設ページへ

新サイトオープン!

新サイトがオープンしました!

gnlf logo