【FINAL DAY/2017 CONFERENCE REPORT】今、Sustainabilityを考えるということ

ついに最終日。
最後の課題は、これまでのSessionで学んだこと・議論したことを生かしつつ
・現状のSustainabilityにかかわる問題の解決のために必要な方策は何か
・今、私たちがSustainabilityについて共通の目標を掲げる意義とは何か
についてのグループプレゼンを作り上げることでした。

参加者それぞれの国が掲げる失業・エネルギー問題などのNationalな課題、領土や水をめぐる複数国家間のRegionalな課題、地球温暖化や経済危機などのInternationalな課題…こうして見てみると、様々な規模の個々の問題に個々の当事者が対応しなければならないということと、個別の主体だけではそれらの問題に対応しきれないということの間のジレンマを強く感じました。1つの結論に至るのは難しく、どのグループも真剣に議論を重ねていました。

夕方はフォーマルウェアに着替え、GNLFの後援・助成団体の方々をお招きした報告会/閉会式会場へ。
本会議期間に学んだことの成果発表会と、関連企業・財団の方々への活動報告を兼ねて各グループが集大成となるプレゼンテーションに臨みました。様々な意見や実例が取り入れられたプレゼンの多くで「コミュニケーションの大切さ」が主張されていたのが印象的でした。その後は参加者への表彰状授与へ。最初は誰が誰だか…と思っていた参加者1人1人に今となってはエピソードがあって、名前が呼ばれるたび感慨深いものがありました。

フォーマルな報告会、閉会式を終えた後は会場を移して立食パーティとなりました。
全ハラル対応(すごい!)の食事を片手に仲良くなった参加者と写真を撮る人、来賓の方と交流を深める人…と思い思いに過ごす中、一番早いフライトで戻るチュニジアの参加者との別れの時間になりました。「またどこかで」「私の国にもいつか来てね」と言い合っているところを見ると、短い時間とはいえなかなか会うことのない国の人同士がここまで交流を深めたんだ!と嬉しくも寂しくも思いました。

さて、長くなってしまいましたが2017年本会議のレポートは以上です!
今回の会議は世界中の出来事の中では小さな機会かもしれませんが、こうして国境を越えた多様な人の声を実際に聴くところから新たな気づきや活動が始まるのではないか、という半ば願望のような考えを、でも本会議前よりもずっと実感を伴って持つようになりました。
これからも、世界のNext Leadersが集い、何かを生むきっかけとなる魅力的な場を作ることを目指して活動を続けていきます。ここまで読んでくださりありがとうございました!