3人目の講演者の榎堀 都様のご紹介です!
CDP(Carbon Disclosure Project)というNGOにお勤めの方です。
こういった環境への取り組みの観点から企業の「持続可能性=Sustainability」を評価する流れは2008年のリーマンショック後から、欧米中心に盛んになったそう。CDPを聞いたことがない人にも、これまで知らなかった観点から”Sustainability”を見てもらえるようなお話をしていただくよう打ち合わせをしました!
貴重なお話が聞けること間違いなしです!


photo_cdp_miyakoenokibori

榎堀 都様

CDPプロジェクトマネージャー

ご来歴

 2007年よりCDPの日本での活動に従事し、日本企業のCDP質問書の回答取りまとめや回答評価を担当してきた。気候変動、水、森林伐採リスクの分野における情報開示や先進的な取り組みを促進するべく、企業や投資家、政府等様々なステークホルダーに働きかけるなど、国内でのCDPの活動全般に携わっている。

東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了 博士(環境学)


企画概要
講演者紹介Part1
講演者紹介Part2