日本人だけ英語が流暢に話せない- “レディファースト” セッションでの気づき

カテゴリー blog, Forum-Tokyo2018-report0件のコメント
ファシリテーターのMajaちゃん(GNLFのメンバーです)。才色兼備とは彼女のこと。

”日本人だけ英語が流暢に話せない”
様々な国のひととの討論会作成して気づいたこと。

session_0
レディーファーストの議論

ファシリテーターのMajaちゃん(GNLFのメンバーです)。才色兼備とは彼女のこと。

ご無沙汰してます。お一人様反省会の議事録みたいな記事を投稿してしまってほんとに申し訳ないと思いつつ英弱ゆえにsession内容を投稿できない9期新枦がお送りしています。

目次
1session構築のきっかけ
2お一人様反省会

≪前提のおはなし≫
先日このサークル最大のイベント本会議が終了しました。本会議は世界中の国々からの学生が参加する約1週間のフォーラムです。毎年変わるテーマについての議論・フィールドワーク・プレゼンだけでなく、文化交流も盛り込んだ盛りだくさんのプログラムで、今年はgender equalityをテーマに開催しました。(一部ホームページより抜粋)こちらをご参照ください
※session_0は本会議のメインパートのひとつです。


1. session構築のきっかけ
gender equalityをテーマに何かsessionを、と言われてまっさきに思いついたのが性差が表れている問題を取り扱うことでした。

「デートの代金は男子が持つ」
「バレンタインデーは女子が男子に贈る」

みなさんこれについてどう思いますか?
ひとつめは絶対割り勘派も毎回ではないけど何回かは出してもらう!ってひともいるはず。二つ目はどうなんだろう、男子からは少なそうって印象が個人的にはあります。(女子からの手づくりお菓子を手にいれるためにありえんクオリティーの高いお菓子を自作した人は知っている)

性差が関わる問題はいろいろな価値観の人がいるから意見も様々なはず。(GNメンバーですらたぶん割れる)

「日本でもこれだけ割れるんだから外国にはもっと予想外な考え方があるのでは?」


筆者のこんな素朴でなんのひねりもない疑問からGNLFのsession_0はスタートすることになりました。


2.お一人様反省会
session_0は「レディーファーストはアリ?」という内容で全体討論を行いました。
各国共通でもっている文化慣習の中から何かひとつテーマに、と思って決定です。

まず会議を終えた今、このsessionについて結論から言って
様々な面からむずかしい。

なにが難しいって皆さんアレを想像してください。ハーバード白熱教室型の討論。

みんないい笑顔。



参加者がお互いに英語でガンガン意見飛ばします。日本でよく見る「では討論を開始してください」のあとに始まる誰も手をあげないシーーーンとした教室、みたいなものはそこには存在しません。みんな思い付いた順に。人の意見に感化されて。文字通り白熱してました。

予想以上の盛り上がりに作成者側としてもおぉ…と嬉しさよりも驚きが勝ってました。

でも想定通り日本人参加者がつらい。
そりゃそう、そんな英語で自分の意見を何十人も前にして即席で言うなんて経験を多くの人がもっているわけではありません。(筆者は意見言うはおろか、議論内容8割くらい聞き取れてません)最初のうちは意見だしにくそうにしてた印象です。

このへんに私が難しかったことのひとつ目があります。
session始まって気づいた
英語しゃべれないの日本人だけ…。

かきそびれてたんですけど、参加者はほぼ全員英語が母語ではないんです。(シンガポールは母語ですね)だから母語の人はごりごり討論するかもしれないけど、そうじゃない人たちも複数いるからもう少し討論は穏やかになる想定で作ってました。

GNLF大好きで毎年参加してくれてる教授。お話をお始めになるとすごく熱い。



まぁ日本人参加者は辛いかもしれないけど日本人だけではないだろう、と思ってたんですね。ところが日本人以外は全員英語が流暢。
目論見が思いっきりはずれたところでした。

司会が上手にふってくれたから日本人からも意見がでたけどこれってもしかしてやばかった…?とあとから反省しました。

こういう国際会議に参加する層って英語が堪能なのはそれはそうって感じだったし、これは指摘があったところですが、大学レベルになると自国の言語で学問ができない場合もあるんじゃないか…ということに気がつきました。

うーむ、日本人が英語苦手っていう話はよく聞きますが、これは自国の言語で学問ができちゃう(というか、その苦しみは明治時代に先人が解決してくれた)というありがたい面もありそうですね。

やっぱり英語はそれ単体として勉強するしかないのかしら。でも会話の技術は会話でしか学べなさそう、というのが今回の会議を見ていての私の感想です。

ともかくこれがsession_0の反省と英弱の感想でした!駄文ながながと読んでくださりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です